基礎地盤の鑑定人 ビルアシスト地盤改良、地盤調査、杭打ち等基礎地盤に関することは基礎地盤の鑑定人ビルアシストにおまかせ下さい

スウェーデン式サウンディング試験とは SWS試験 新潟の地盤改良、地盤調査、杭打ち等基礎地盤に関することは基礎地盤の鑑定人ビルアシスト

地盤調査は基礎工法の選定に当たって、建物の荷重に対して地盤がこれを支える能力が充分であるかどうかを判断することが目的で実施されます。

近年の宅地地盤における地盤調査の多くはスウェーデン式サウンディング試験(以下SWS試験)が行われ、私どもビルアシストも本試験機を保有しております。調査方法は、簡易な方法で実施されSWS試験以外にもさまざまな試験があり、各試験方法とも一長一短を有しています。その中で
SWS試験が普及した理由は

  1. 試験機の改良が早期に進んだ。
  2. 試験機材の設定価格が市場に受け入れられた。
  3. 従事業者数が急増した(保証制度の整備が進むにつれ地盤調査の需要が増加した)。
  4. 調査員資格が不必要である

等です。

SWS試験の特徴は

  1. 軟らかい地盤の調査に適している。
  2. 装置がコンパクトであり狭小敷地でも調査が可能である。
  3. 機械操作・移動が容易な為、調査箇所数が多くできる。
  4. 比較的、貫入能力に優れている。
  5. 調査可能深度は(データの信憑性も含む)10m程度である。
  6. 正確な土質の判定・推移の判定が出来ない。
  7. 大きな瓦礫などの地中障害がある場合は、下部地盤の調査が出来ない。
  8. 締まった(硬い)地盤の達した場合その層厚確認が出来ない。

等です。

SWS試験は基本的に「押す試験+摩擦抵抗試験」であり、標準貫入試験のように「たたく試験」とはその貫入エネルギーは異なり、特に砂礫層ではその差が大きいようです。

しかし試験結果はN値換算されます。そこで弊社は異なるエネルギー試験結果を単純に結びつけず、求める長期許容支持力度は一つの目安として解釈します。又、調査員の現地地形概要報告書及び近隣データ・地形・地質資料等を総合的に判断して試験結果をまとめます。

国交省告示1113号ではSWS試験に際しては「基礎の底部から2mまでに1kNの自沈層が存在する場合や、基礎下2mから5mの範囲に500Nの自沈層が存在する場合は地盤の沈下変形によって、建築物に有害な損傷や沈下が生じないことを確かめなくてはならない」と記載されています。

しかし本文中、確かめる方法は明記されていません。又、底部から2mの工学的根拠がよく分かりません。地盤の破壊は沈下を伴いますので支持力と沈下は密接に関連しています。特に盛土地盤は低地の軟弱地盤地帯に多く、荷重も重い為充分な注意が必要です。

地盤調査は建築計画では大変重要な項目です。確かな力量が問われます。